ボディピアスを開ける【美しくボディ改造】

簡単にできる

ピアスホールが手軽に開けられる

今、ボディピアスの穴は手軽に開けられる時代になりました。 雑貨屋、ネット通販、ピアス専門ショップなどでピアスホールを開ける専用の道具も簡単に購入できますし、知識があれば素人でも開けることができます。また、ピアススタジオや医療機関でも開けてもらうことができるので、費用が掛かりますが、ピアスホールをあける手間はありません。 ちなみにボディピアス愛好者にもなれば、自ら開ける方が殆どです。そのため今後は素人が自己責任でピアスホールを開けるケースが増えてくるでしょう。 ただし、注意しなくてはならないこともいくつかあります。 手軽に開けられる反面ではリスクも伴いますので、正しい知識を持って、危険が限りなく少ない状態で開けるよう心がけましょう。

トラブルに注意しよう

ボディピアスの穴を開けるということは、身体を傷つけるということでもあります。 ピアスホールを開ける際の手段として、ピアッサーとニードルがありますが、いずれも1回限りの使い捨てです。ピアッサーは1回使ってしまえば機能しなくなるのでいいですが、ニードルは注射針のようなものなので使おうと思えば繰り返し使うことができます。 しかし、使いまわしはトラブルの元ですので1回使ったら廃棄しましょう。また、感染症のリスクがあるので、もちろん他者との使い回しは厳禁です。 そして傷口も菌が入りやすくなっているので、きちんと消毒をすることが大切です。細菌による死亡例もあるだけに、ボディピアスの穴を自己判断で開けることを安易に考えてはいけません。

好きなデザイン

ピアスは自分で制作することも可能な為、気に入るデザインがなければ自分で作ると良いでしょう。自分で作ったものをアプリを利用し販売を行ない、多くの方に使用してもらうことも可能です。

Read More

安全に使用しよう

ピアスはオシャレでかわいいものばかりですが、消毒などをして綺麗に保たなければなりません。ドラッグストアに消毒液が販売されている為、購入しましょう。アレルギー専用のピアスの準備も必要です。

Read More

ピアスを購入する

お洒落雑貨の中でもピアスは手軽な価格で取り入れることができるアイテムです。ピアスの価格も数百円のものから数千円のものまで様々ですがまとめ買いをするとお得に購入できます。

Read More